白髪染めの種類

白髪染めには大きく分けて4種類のタイプがあります。ヘアカラータイプ・ヘアマニキュアタイプ・カラースプレータイプ・シャンプータイプです。



ヘアカラータイプは、髪に定着しているメラニン色素を分解してから、染料を髪の内部に浸透させる方法です。最も効果が長持ちするものですが、肌の弱い方は炎症を起こす可能性もありますので、使用前には必ずパッチテストを行うようにしましょう。



ヘアマニキュアタイプは、ヘアカラーとは違って染料を髪の内部ではなく、表面だけに定着させていく方法です。髪の表面にあるたんぱく質を染めることによって色が付きます。効果持続時間はヘアカラーよりも短いですが、頭皮や髪に与えるダメージが少なく髪の表面をコーティングするので、さわり心地がとてもツルツルになります。



カラースプレータイプは、髪の毛に直接塗布して色を塗りつけていく方法です。これは染めるのではなくて、あくまでも色をつけるだけなので、シャンプーをすると簡単に落ちてしまいます。一箇所だけ気になる方・日によって色を変えたい方・手軽に白髪染を楽しみたい方には良いかもしれません。またメインの白髪染めとして使用するのではなくて、ヘアカラー・ヘアマニキュアをした後に新しく伸びてきた生え際のみに使用するというのも良いでしょう。



最後はシャンプータイプです。これは毎日のシャンプーを白髪染め用シャンプーに変えるだけで、少しずつ染まっていくというものです。効果が現れるまでに時間はかかりますが、少しずつ自然な染めあがりになっていきます。

前の記事